jun-okabe

フェブパフォーマー、メンタルカウンセラー、バツイチ、シンママ。

記事一覧(12)

お金の遣い方

こんにちは。日本免疫カウンセリング協会心理カウウセラー岡部潤です。夏と言えば、スイカ🍉?かき氷🍧?では、なく、ボーナス💰が出ますね~~(*'ω'*)私は個人事業主なので、ボーナスは無縁なのですが、何しろシングル家庭ですので、お金の管理は日々気になるところです。ボーナスは1度だけ経験があります。何に遣ったか記憶にないのですが、当時の私はドケチでしたので、定期預金かなにかにしたと思います。上の娘も個人事業主なのですが、遣いっぷりがおみごとで(笑)母としては心配です。二番目の娘は堅実的で、自分に見合ったお金の遣い方をしています。とはいえ高校生なので洋服や美容関係のものを計画的に買い物する感じです。次女に「金銭管理はママに似て良かった!」と言ってもらえた時は、私を見ていて真似てくれるのだな。と嬉しく思いました。息子はといいますと、メルカリでお小遣い稼ぎ。私がメルカリを利用しているのを見て真似したくなったようです。高校生になったら、アルバイト代を資金に、せどりでもやりそうです(笑)その他は、YouTubeにゲーム動画をupしてるようですが、それは収入にはまだ繋がっていませんね(笑)さて、皆さんはお金の遣い方、増やし方、疑問を感じたり悩んだりしたことはありませんか?そこでご紹介させていただきたいのが【世界一周も実現させた元派遣OLの秘訣】旅魔女の廣田真美さん!とても素敵なお嬢さんなのです!旅をしたいという方は多いけど、金銭面を理由に行けない方のお話は度々聞きます。子育て中のママさんの中には、旅行=娯楽もしくは贅沢と思って後回しにしてしまう方も多いかも。そこでどうすればお金と上手に付き合って旅行することができるんだろうということにに、関心がある方も多いのではないでしょうか?そんな方に向けてお金とうまく付き合うノウハウを無料で提供しているメルマガが役立ちましたので紹介しますね。「月収17万OLが4年で500万円貯めて世界一周した秘訣メルマガ」http://goo.gl/bJoR27 廣田真美さんのメルマガはお金を貯める、増やすに必要なポイントやマインドが入っているため、これならできそう!こう考えた方が楽しい!と思えます。是非購読してみてくださいね!輝く明日に向かってキラキラな一日を~~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

もっちり、吸いつく肌

季節の変わり目、皆さんのお肌はいかがですか?花粉や、紫外線、湿気で汗ばんでしまったりと、油断すると老化が進んでしまう季節ですよね。一日お手入れをサボると10日老化が進むと言われていたりもするので、しっかり、お手入れしてから、睡眠をとることをおすすめします。22時から深夜2時はお肌のゴールデンタイム。細胞の生まれ変わりと栄養を吸収しやすい時間帯です。しっかり、栄養を与えてあげてくださいね。昨今、スクラブの入った商品の問題点を取り上げられることが度々ありますが、エリナのフェイシャルスクラブクリームは安心してお使いいただけます。9種類もの保湿成分で包まれた自然素材のスクラブ。このスクラブはアプリコットの種を細かい粒にして配合しているので、お肌にも、環境にも優しい商品です。洗いあがりは、つるつるもっちり。潤いあるしなやかな肌になります。お顔だけではなく、全身洗い上げることができるオールインワン商品です。アトピー肌や、トラブルを起こしやすいデリケートなお肌の方にも安心してお使いいただけます。これからの季節、汗ばんで体臭も気になりますよね。きめ細かい泡とスクラブ効果で気になるデリケートゾーンの臭いや加齢臭対策にもおすすめです。サロンではご希望のお客様には、スクラブの使用感を体験していただくことができますので、お気軽にお問い合わせください(*'ω'*)お待ちいたしております。

カウンセリング

先日、お子さんの"いじめ"についてお話を聞く機会がありました。いじめに合いやすいお子さんを持つ親御さん、現在進行形で、いじめをしてしまっているお子さんを持つ親御さん。グループトーク形式でお話をすることができました。いじめられてしまう、お子さんはADHDだそうです。何気ない発言から、相手を不快にさせてしまったことから、いじめに合うようになってしまったとか。それを理解できるお友だちは、幼いうちはなかなか難しいところですが、こちらの親御さんは、全てを受け入れて、お子さんを尊重しているとのことでした。良し悪しをわからせることが幼少期は大変だったそうですが、学年が上がる毎に、色々成長が見えてくるようになり、交遊関係も変わってきたそうです。親御さんが、お子さんの成長を見守り信じることで、自信に繋がって良い方向へ向かっていくんですね。皆それぞれに、個性豊かで良いところがあるのですから、そこを伸ばしていける環境を作っていけると良いですよね。また、いじめてしまっているお子さんを持つ親御さん。何故、いじめているのかが、分からないのだそう。いじめは家庭環境のストレスから起きてしまうことがしばしばあるようですので、そう言ったところを親御さんに気がついていただきたいなとお話をさせて頂きました。本当に些細なことで、ストレスを感じるお子さんもいらっしゃいます。悪ふざけの延長を"いじめ"と言われしまったとのお話でしたが、この尺度は個人差がありますので、難しいところでもありますよね。いじめている側が、本気でいじめているにも関わらず、それに気がつかないお子さんもいらっしゃいますし、無視できるお子さんもいらっしゃいます。お子さん一人一人の育つ環境で、受け取りかたが変わってしまいますからね。虐待の連鎖などというお話も度々耳にしますので、日々生活におわれてしまいがちですが、ほんの少しでも心にゆとりができると、お子さんの胸のうちが見えてくるかもしれませんね。子育ては、思い通りになかなか行かないものです。同じ親から産まれても、全く性格が違いますし、時代背景、その時々の生活環境で人の概念は作られていくものだと思っております。その概念をはずした時、はずれた時は、もっともっと寛容な心の持ち主になれるような気がしていますが、なかなか人間、概念をはずすのは難しいものでしょうか。大人の世界にも いじめはありますしね。永遠のテーマになるのでしょうかね。